痛風 症状 食事 治療 痛み

痛風 症状 痛風という病気はご存知でしょうか。痛風は風が吹いて身体に当たるだけで、辛い痛みがあると言われるように、とても痛みを感じる病気です。
また、全身に風が吹くように痛みが伝わるとも言われています。当サイトでは痛風の症状と治療法をわかりやすく紹介します。
スポンサードリンク

痛風の治療と食事療法

痛風の治療は高くなった尿酸値を下げるように、治療薬を服用して行います。治療薬は尿酸値が上昇した原因によって適宣に処方されます。尿酸排泄低下型という尿酸の排泄が悪い方は尿酸合成阻害剤を服用して治療をお行います。

 

また、腎機能障害や尿路結石などの合併症がある方には、アロブリノールを使ったザイロック、アロシトール、サロベールなどを服用して治療を行います。

 

痛風の治療で治療薬を使った薬物療法と同時に、大切な治療に食事療法があります。
食事療法はこれまでの生活習慣の改善で、痛風の治療で特に大切なことは、1日の摂取カロリーを守る、栄養バランスのよい十分な食事を摂る、水分を十分にとる、塩分を取りすぎないよう控える、アルコールは適量にすることを注意します。

 

食事療法で最も注意しなければならないことは、暴飲暴食とアルコールの過剰摂取は厳禁です。また、プリン体を多く含む食品や飲料を控えるようにします。

 

プリン体を多く含む食品は尿酸値を上昇させますので注意が必要ですが、プリン体だけを取らないようにすることは難しいので、栄養バランスの取れた食事を心掛け、多く食事を取らないように腹八分目を心掛けて行う食事療法が効果的に行うことができます。

 

また、水分は一日に2リットルは取るように心掛けて、酸性に傾いた尿をアルカリ性に傾けるように、ひじき、わかめ、昆布などの海草藻類や大豆、ほうれん草、ごぼう、にんじんさつまいも、サトイモなどの野菜を取るように心掛けましょう。
水分は糖分を含まない水やお茶が良いです。