痛風 症状 食事 治療 痛み

痛風 症状 痛風という病気はご存知でしょうか。痛風は風が吹いて身体に当たるだけで、辛い痛みがあると言われるように、とても痛みを感じる病気です。
また、全身に風が吹くように痛みが伝わるとも言われています。当サイトでは痛風の症状と治療法をわかりやすく紹介します。
スポンサードリンク

痛風になりやすい人の特徴

痛風に罹りやすい方には男女差があり、痛風は圧倒的に男性が罹りやすい病気です。
男性が罹りやすい理由は、女性には女性ホルモンの働きで尿酸値が低く、痛風を発症しにくいからです。血液中の尿酸値は痛風の発症に大きく関係して、プリン体が増えると尿酸値が増えて痛風が発症します。

 

男性においても罹りやすい年代があり、30歳代から50歳代が罹りやすく、近年では20歳代の若い世代にも多く発症例があります。以前は、30歳代以降の病気と考えられていましたが、近年は年齢に関係なく発症例が増えています。

 

それでは痛風に罹りやすい方の条件は考えられないでしょうか。

 

痛風に罹りやすい方の条件は次のような方と言われていますのでご紹介します。もし、自分に当てはまることがあれば、気を付けるようにしましょう。

 

 

●男性であること
●年齢が30歳以上であること
●日常生活でストレスが多い環境であること
●お酒を飲む習慣や機会が多い方
●普段より食欲が旺盛であること
●体型が肥満か肥満気味である
●近い血液関係で痛風を患った方がいる
●学生時代に激しいスポーツを行っていた
●仕事が忙しく夜遅くまで行ったり、また、不規則な生活を送っている

 

 

以上が痛風に罹りやすい方の条件ですが、スポーツは適度な運動量では問題ありませんが、激しいスポーツは尿酸値を上昇させます。