痛風 症状 食事 治療 痛み

痛風 症状 痛風という病気はご存知でしょうか。痛風は風が吹いて身体に当たるだけで、辛い痛みがあると言われるように、とても痛みを感じる病気です。
また、全身に風が吹くように痛みが伝わるとも言われています。当サイトでは痛風の症状と治療法をわかりやすく紹介します。
スポンサードリンク

痛風がもたらす全身の症状

痛風は激しい痛みを伴う病気で、血液中の尿酸値が上昇して尿酸が結晶化し、膝から下の関節や軟骨、皮膚、腎臓などに蓄積してさまざまな症状を現します。
痛風は特徴である発作の痛みがなければ高尿酸血症と言います。しかし、痛みがないからといっても痛風の予備軍で、このままの状態が進行すると痛みが起こり痛風になります。

 

痛風の痛みの症状は突然に起こりますが、痛風の発作である痛みが起こる前には、違和感のような前兆があります。しかし、多くの方はこの前兆に気付かずに見過ごしてしまい痛風が発症します。

 

痛風の痛みは夜から明け方にかけて起こりやすく、また、起こる場所は膝から下の関節が発作の起こる場所の90%以上で、その中で足の指の付け根が70%を占めています。
痛みの原因はプリン体が増え血液中の尿酸が結晶化しますが、結晶化した尿酸は関節、軟骨、皮膚、腎臓などの場所に沈着し、さまざまな症状を引き起こします。

 

結晶化した尿酸は皮膚の下に沈着し、塊となって痛風結節になります。この塊は皮膚の上から触ると硬い塊になっている状態がわかり痛みはありません。
この皮膚の下にできた塊は血液中の尿酸値を下げない限りなくなりませんので、痛風の治療を始めれば痛風結節は次第に小さくなっていきます。

 

痛風結節はいろいろな場所にできますが、腎臓にできた場合は痛風腎といい、痛風の合併症になりますので注意が必要です。