痛風 原因 食事 治療 痛み

痛風 症状 痛風という病気はご存知でしょうか。痛風は風が吹いて身体に当たるだけで、辛い痛みがあると言われるように、とても痛みを感じる病気です。
また、全身に風が吹くように痛みが伝わるとも言われています。当サイトでは痛風の症状と治療法をわかりやすく紹介します。
スポンサードリンク

痛風の原因は食べすぎ?!

痛風が発症する原因は高尿酸血症が原因と考えられていて、高尿酸血症を引き起こす原因は食べ過ぎ、アルコールの過剰摂取、過度のストレスなどと言われています。
ある程度満たされた食生活を送っていることから、痛風は日本では明治時代以前にはほとんどみられなかった病気です。

 

裕福で過度なストレスのある歴史上の人物や王侯貴族には痛風に罹っていた人物も多く、アレキサンダー大王、ルイ14世、ニュートン、ゲーテ、レオナルド・ダ・ヴィンチなどが痛風であったと言われています。

 

現在では日本人にも痛風に罹る方も多く、明治時代以前にはなかった病気が現在では多くなっている理由には、日本人の食生活が野菜中心の食生活から現在のように、動物性タンパクの多い食事や高エネルギーの料理が多くなって、これを日常的に食べる食生活の変化にあります。

 

痛風の原因は高尿酸血症が原因と考えられていますが、これは身体の中の細胞にプリン体が分解されて尿酸が作られます。

 

尿酸を作る原因となるプリン体は食べ物の中にも含まれていますが、健康な方でも一日およそ600mgのプリン体が食べ物から取り込まれたり、細胞から作られています。
そして、作られたり取り込まれたプリン体はこの量を超えないように、尿や便から排泄されてバランスを保っています。

 

痛風になるとこのバランスが崩れ身体の中にプリン体が増え、プリン体は水に溶けにくい性質なので結晶化し、膝から下の関節や足の親指に蓄積して痛みの原因になります。これが痛風の原因です。