痛風 症状 食事 治療 痛み

痛風 症状 痛風という病気はご存知でしょうか。痛風は風が吹いて身体に当たるだけで、辛い痛みがあると言われるように、とても痛みを感じる病気です。
また、全身に風が吹くように痛みが伝わるとも言われています。当サイトでは痛風の症状と治療法をわかりやすく紹介します。
スポンサードリンク

痛風とはどんな病気か

痛みの症状は傷口をえぐられるような痛みや、身体をのこぎりで切られるような痛みを感じるほど辛いもので、就寝中は痛みに耐えられず眠ることができないといわれます。

痛みの症状は、ほとんどの場合下半身に現れて、膝から下の関節部分の痛みが多く、特に足の親指の付け根に辛い痛みを起こします。
また、この痛みは、同時に何ヵ所も傷むことはありません。

痛風の特徴であるこの辛い痛みは発作と言い、治療を始めない限り治まらない嫌みではありません。
痛みの症状は薬で発作を抑えることもできますが、痛みを感じ始めて2〜3時間ぐらい経つと、患部が赤く腫れ上がり熱を持つようにほてってきます。

その後痛みは24時間ほど続きますが、次第に治まってきて和らぎ、10日ほどすれば痛みの症状もなくなります。痛風は発作が起こると発熱が起こり、全身が熱くなることの多い病気です。

痛風はこのような辛い痛みで、始めて痛風と感じる方が多く、4日から1週間で痛みが治まりますので、治療を始める方とそのままにする方とに分かれます。