頭皮の湿疹 治療 原因 シャンプー

頭皮 湿疹 頭皮の湿疹にはいろいろあり、それぞれに症状の違いがあります。
湿疹とは統一した定義をつけることが困難な概念をいい、皮膚炎ともいいます。当サイトでは頭皮の湿疹について、その原因から治療法までわかりやすく解説いたします。
スポンサードリンク

頭皮の湿疹の治療方法

頭皮にできた湿疹の治療は、頭皮の患部に塗る治療薬と、生活習慣の改善で行います。

 

頭皮に塗る治療薬には、短期間で患部の炎症を抑えるステロイド剤の入った塗り薬を使います。
ステロイド剤と聞くとあまり良いイメージを持たない方もおられますが、使用方法としては常時使うのではなく、頭皮の炎症が酷いときにだけ使うようにすれば、効果的に炎症を抑えて湿疹を治すことができます。

 

治療には欠乏したビタミンの補給も効果的に治すことができます。頭皮の湿疹はビタミンB2とB6の欠乏が原因として考えられますので、これを補うようにビタミン剤を使って治療を補助します。

 

また、炎症を抑えるために抗アレルギー剤を内服薬として処方することがあります。頭皮の湿疹は強いかゆみがありますので、これが耐えられない方に処方されます。

 

頭皮の脂漏性湿疹は乳幼児が罹ることも多く、通常であれば成長するとともに症状はなくなります。乳幼児の場合、今だけの症状ですが、炎症が酷くならないうちに塗り薬で治療しましょう。

 

頭皮の湿疹や脂漏性湿疹は、一度、改善して完治しても、生活習慣や日常の食生活が乱れることや、頭皮の炎症などで再発することは十分に考えられます。
頭皮の状態を清潔にして、頭皮が荒れやすい方はシャンプーも見直して、生活リズムや食生活に十分に気を付けましょう。