頭皮の湿疹 治療 原因 シャンプー

頭皮 湿疹 頭皮の湿疹にはいろいろあり、それぞれに症状の違いがあります。
湿疹とは統一した定義をつけることが困難な概念をいい、皮膚炎ともいいます。当サイトでは頭皮の湿疹について、その原因から治療法までわかりやすく解説いたします。
スポンサードリンク

頭皮の湿疹の原因〜その他

頭皮に起こる湿疹には脂漏性湿疹のほかに、頭皮に傷ができることで起こる湿疹があります。いろいろな原因で頭皮がかゆく引っ掻いてしまったときの傷口が、雑菌などが繁殖して化膿し、湿疹が起こります。

 

また、シャンプーが頭皮に合わず炎症を起こして傷となり起こる場合や、パーマ液やカラーリング剤が頭皮に炎症を起こして湿疹になる場合があります。

 

このように頭皮に起こる湿疹には、頭皮の炎症が原因で起こっています。原因となる炎症は頭皮のフケが関係しています。

 

フケは、身体に皮膚の角質層が古くなって剥がれ落ちことと同じで、頭皮の角質層も剥がれ落ちます。ただ身体の皮膚と違う点は、頭皮には髪の毛があってこれの皮脂腺が発達していることから、皮脂腺から分泌される脂と剥がれ落ちた角質層が混ざり、頭皮に溜まります。これがフケの原因になります。

 

このフケは頭皮に溜まると酸化して、頭皮に炎症を起こします。これが頭皮に起こる脂漏性湿疹や湿疹になります。脂漏性湿疹や湿疹になりますとかゆみを伴いますので、さらに頭皮に傷を付けて炎症をひどくします。

 

頭皮の湿疹を防ぐには、頭皮を清潔にすることです。頭皮が荒れやすい方はシャンプーを見直すことも大切です。また、日常の生活においてストレスが溜まっている場合や、食生活にも頭皮の湿疹を起こす原因があります。

 

薄毛に悩む方が、原因にストレスがあるように、頭皮の湿疹にもストレスは関係しています。
食生活においては湿疹になりやすい、皮脂を溜めやすいものを多く取っていると、頭皮の湿疹を起こしやすくなります。