頭皮の湿疹 治療 原因 シャンプー

頭皮 湿疹 頭皮の湿疹にはいろいろあり、それぞれに症状の違いがあります。
湿疹とは統一した定義をつけることが困難な概念をいい、皮膚炎ともいいます。当サイトでは頭皮の湿疹について、その原因から治療法までわかりやすく解説いたします。
スポンサードリンク

頭皮の湿疹の状態

脂漏性湿疹が頭皮にできた場合は、症状としてかさぶたが湿った感じのかさぶたになります。頭ですのでかさぶたとフケと間違いますが、違う点はかさぶたの色が黄色や褐色の色をしていることです。
また、頭皮にできた脂漏性湿疹はかゆみが伴いますので、患部を掻いてさらに悪化させることになりますので、皮膚科など専門の医師の診察を受けるようにしましょう。

脂漏性湿疹が頭皮にできた場合のかゆみは、強いかゆみになることは少ないので、放置せずに早めに診察を受けるようにしましょう。

脂漏性湿疹は頭皮にできるだけでなく、顔の皮脂の分泌が多い部分にもできます。
顔に脂漏性湿疹ができた場合、一度治ってもしばらくして他の場所に再びできることがあります。顔に脂漏性湿疹ができた場合にも、専門の医師に診察していただくようにしましょう。

頭皮にできる湿疹には、薬品やパーマ液などの化学薬品による、皮膚の炎症のケースがあります。この場合の症状は乾燥したかさぶたができます。この場合の湿疹は急性湿疹になり、患部は広く赤く炎症を起こし、強いかゆみがあります。

湿疹が起きた原因がハッキリとわかっていれば、適切に対処して治療薬を塗ればよいですが、症状が酷い場合や原因がわからない場合は、皮膚科の医師の診察を受けるようにしましょう。
この症状を放置しますと、患部が広がりかゆみも痛みも強くなり、患部に生えている髪の毛が抜け落ちることもありますので、早めに治療を始めましょう。