足のむくみ 解消 原因 病気

足のむくみ 解消足のむくみを解消したいと思っている方は増えています。足のむくみはデスクワークをされている方には深刻な問題です。
血液やリンパ液の濃度が元々濃いタイプの人は、すぐに足がむくみます。足のむくみは女性に多くみられる症状ですが、時間帯や女性の職業によっても起こりやすいといえるのです。
スポンサードリンク

足のむくみで考えられる病気

足のむくみは通常、一晩、十分な睡眠を取れば自然に解消するものです。長時間の立ち仕事を行っている方でも水分を取りすぎたときでも、健康な方であれば自然に解消します。

 

しかし、足のむくみがなかなか解消されず、単に血行不良や仕事の関係で起こっているとは考えにくく、他の原因で足のむくみが起こっていることもあります。病気が原因で起こる足のむくみについてご紹介します。

 

足のむくみが起こる病気には、心臓病や甲状腺などの病気が原因で起こっていることが考えられます。足にむくみが起こることは血液の循環が悪くなっているますので、血液を循環する心臓に疾患がある場合があります。

 

足の血液の循環を悪くしているものには、足に腫瘍ができている場合があります。
普段の食事に問題がある場合では、ビタミンB1が欠乏すると足にむくみが起こります。

 

肝臓に病気がある場合にも足にむくみは起こります。肝硬変が発症しているときにはむくみが起こります。血液の余分な水分や老廃物を取り排出する腎臓に病気がある場合には、足だけでなく全身にむくみが起こります。

 

また、腎機能が低下するネフローゼでもむくみは起こります。
静脈瘤が起きた場合は、血液中のタンパク質濃度が低下して特に足のむくみが酷く、左右の足の大きさが変わるほどにむくみが出ます

 

足のむくみが他の病気が原因の場合は、一晩の睡眠では解消されずに疲労感も伴い、疲れを感じます。もしこのように足のむくみだけでなく他の症状がある場合は、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。