メシマコブ 韓国 効果 効能 癌

メシマコブメシマコブという名前を最近よく耳にする方も多いと思います。
メシマコブとは長崎県の男女群島の女島(メシマ)に生えているキノコで、正式な学名は「フェリナス・リンテウス」といい、タバコウロコタケ科のキノコです。
メシマコブという名前は、桑の木からコブのように生えることから付けられています。
スポンサードリンク

韓国のメシマコブ

メシマコブのがん抑制効果の研究を重ね、抗がん剤として始めて製薬化したのは韓国です。しかし中国でもメシマコブはがんの医薬品の原料として使われています。

 

メシマコブの抗がん作用について韓国が研究開発を行った理由には、日本と同様にがんの死亡率が高く、抗がん剤の研究は進められてきました。

 

メシマコブの研究は日本でも行われていましたが、自然にあまり生息していないメシマコブを、人工的に栽培することも難しいにも関わらず、最初に成果を上げた国が韓国でした。メシマコブの人工栽培に成功したことで、製薬化に向けて1992年に研究が始まりました。

 

韓国がメシマコブの人工栽培に成功したものは、メシマコブの中の特に抗ガン作用に優れているPL2・PL5の菌糸体を、大量に栽培することに成功してメシマカプセルという薬です。

 

そして、このメシマカプセルが多くの医療機関で使用されるようになりました。このメシマカプセルの効果は、転移したがんを消したという実績があります。
さらに、メシマカプセルは韓国で正式に製剤として登録され、1998年には茶山賞という賞を受けました。

 

日本においては、韓国のように正式に認められるほど認知度は低く、健康食品として取り扱われている程度です。メシマコブの製剤を韓国から購入する場合は、近年、類似品が多く出回っていますので十分に注意が必要です。

 

最も確かな商品は、株式会社韓国新薬製メシマコブの製品を購入すれば間違いありません。
また、株式会社韓国新薬製の登録商標のロゴが入っていることを確認し、信用できる販売方法で購入するようにしましょう。