メシマコブ 効果 効能 癌

メシマコブメシマコブという名前を最近よく耳にする方も多いと思います。
メシマコブとは長崎県の男女群島の女島(メシマ)に生えているキノコで、正式な学名は「フェリナス・リンテウス」といい、タバコウロコタケ科のキノコです。
メシマコブという名前は、桑の木からコブのように生えることから付けられています。
スポンサードリンク

メシマコブとは?その効能

メシマコブは昔より幻のキノコといわれるほど、天然のメシマコブは非常に珍しく、桑の木を枯らすキノコとして人の手で取り払われていたことや、自然に生えることの難しさから絶滅状態にありました。

海外ではメシマコブの効能について、昔より注目されていましたが、希少なキノコのために製品化は難しいものでした。
しかし、韓国でメシマコブを製剤化させることに成功し、茶山賞という名誉ある受けましました。

このメシマコブがこれ程に注目を集める理由は、高い抗がん作用にあります。そもそもキノコには抗がん作用がありますが、メシマコブについてはがんを抑える確率を示す抗腫瘍率が、96.7%とというとても高い数値を示しています。

この抗腫瘍率96.7%という値は、他のキノコと比較しても格段に高く、希少なキノコであることもあって、とても注目されています。

メシマコブの効果は初期のがんであればがんを小さくするといわれ、韓国では抗がん剤の原料に使われています。
これ程抗腫瘍率の高いものは、キノコだけでなくても他になく、がんを小さくできなくても進行をかなり抑えることができると、その効果に期待されて終末期のがんに対しても、がんの進行を抑えるとしてメシマコブは利用されています。