高脂血症 予防 食事 治療

高脂血症 高脂血症という病名はよく聞く思います。そして高脂血症と並んでよく聞く病名には糖尿病、肥満や高血圧症、メタボリックシンドロームではないでしょうか。
これらに共通することは、日常生活から起こる生活習慣病の原因となるものです。
当サイトでは高脂血症の治療穂から、生活習慣病との関係まで詳しく解説します。
スポンサードリンク

高脂血症の予防法について

高脂血症というものは、放っておくと怖い病気です。
高脂血症になってしまうと、いろいろな病気を併発させてしまい、最悪の場合、命にも関わってきます。

 

ですが、日常生活を見直すことで、症状の改善をすることができます。
高脂血症になっていると言われたら、最初に食事に関する指導を受けることになります。

 

高脂血症の患者さんは、カロリーの摂りすぎには注意しなければいけませんし、過食などは絶対にしてはいけません。
高脂血症の人があまり食べないようにしなければいけないものは、コレステロールが高いマヨネーズやバター、卵、シシャモ、やりいか、うなぎなどの食品があります。

 

また、糖分がたくさん入っているジュースやあんぱん、ケーキ、みかん、柿、大福餅などの食品もあまり食べてはいけません。

 

高脂血症を予防するには、牛や豚などの脂っこい肉料理中心の食生活をせずに、魚や植物性の食品、大豆製品などでたんぱく質を摂るようにしましょう。

 

外食時も、丼物や、ラーメンだけでは栄養バランスが偏ってしまって、脂肪分や塩分、糖分を摂りすぎてしまうので、対策として野菜の多い物や、野菜ジュースを飲むと良いでしょう。

 

高脂血症予防には、野菜を多く摂ることもかなり有効な方法です。