高脂血症 症状 食事 治療

高脂血症 高脂血症という病名はよく聞く思います。そして高脂血症と並んでよく聞く病名には糖尿病、肥満や高血圧症、メタボリックシンドロームではないでしょうか。
これらに共通することは、日常生活から起こる生活習慣病の原因となるものです。
当サイトでは高脂血症の治療穂から、生活習慣病との関係まで詳しく解説します。
スポンサードリンク

高脂血症の治療法

高脂血症、と診断されたら・・・。

 

まず行われるのは食事療法です。日頃の食生活を通じて脂質や糖質やエネルギーを制限する治療です。また、食事だけでなく生活に運動を取り入れる運動療法も行われます。

 

食事と運動=摂取と代謝促進をもって予防・病気の解消をはかります。
これらの治療のほかにストレスをためない生活、禁酒や禁煙をし、生活習慣を改善していくことも必要です。

 

これら食事療法や運動療法、生活習慣の改善をはかっても効果がみられなときには投薬による治療も並行して行われます。

 

並行して行われるのは投薬は薬を止めるとコレストロールや中性脂肪の数値が元に戻ってしまうなど、根本的な治療ではないからです。

 

高脂血症は放っておくと将来、心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化などの病気を併発する恐れがあります。
それらの病気の併発を防ぐためには高脂血症の治療である食生活の改善や運動習慣、生活習慣の改善による治療が必要です。

 

高脂血症になる原因は、食事が好き嫌いの多い偏ったものばかり取っていたり、慢性的に運動不足であったり、カロリーオーバーで肥満体型の方、アルコール摂取量が多いことが高脂血症に罹りやすい原因といえます。

 

このような食生活を続けている方や肥満体型の方は、既に高脂血症に罹っているか予備軍である可能性があるのです。