高脂血症 症状 食事 治療

高脂血症 高脂血症という病名はよく聞く思います。そして高脂血症と並んでよく聞く病名には糖尿病、肥満や高血圧症、メタボリックシンドロームではないでしょうか。
これらに共通することは、日常生活から起こる生活習慣病の原因となるものです。
当サイトでは高脂血症の治療穂から、生活習慣病との関係まで詳しく解説します。
スポンサードリンク

高脂血症とは?動脈硬化との関係

高脂血症とはどのような病気かといいますと、血液中に含まれる脂肪の量が多くなり、コレステロール(LDL、HDL)、中性脂肪やリン脂質のどれかが、基準値を超えて高い数値を示している状態をいいます。
現在、高脂血症は2千万人以上の方が罹っていると言われています。

高脂血症はこれ自体が病気を引き起こすものではありませんが、高脂血症の状謡が長く続くと動脈硬化を引き起こし、さらに進行すれば血管を詰まらせることになります。

血管が詰まる場所はさまざまで、脳の血管が詰まる脳梗塞や心臓の血管が詰まる心筋梗塞など、重篤な疾患になる恐れがあります。

高脂血症になる原因は、日常の食生活が好き嫌いの多い偏った食事を取っていたり、普段から運動不足であったり、カロリーオーバーで肥満体型の方や、アルコールの量が多いことが高脂血症に罹りやすい原因と言えます。

このような食生活を続けている方や肥満体型の方は、既に高脂血症に罹っているか予備軍である可能性があります。
もしこのような食生活を送っているのであれば、今から改善すれば高脂血症を防ぎ、健康を保つことができます。