眼精疲労 症状 治療 頭痛

眼精疲労 眼精疲労は目の疲れ、痛みが、睡眠や休憩をとっても治らずに、症状が続いてしまう病気の事です。何らかの対処をしない限り、治る事はありません。
放置していると症状が悪化したり、目の病気が潜んでいる場合に危険なのでなるべく早く専門医の診察を受けましょう。
普段から目の負担を軽くしたり、疲れをケアをする事も大切です。
スポンサードリンク

色と匂いで眼精疲労やわらげよう!

ようやく辛い眼精疲労の症状が治ってきた・・・
しかし、油断するとまた眼精疲労に逆戻り。
そうならないためにも、普段の生活にちょっとした工夫をすることで眼精疲労を抑えることが出来ます。

森林浴に行くと、心身ともにとてもリラックスします。
これはマイナスイオンやフィトンチッドなどによる効果と言われていますが、緑の色彩による視覚効果も大きな要因の一つです。

色には目に優しい色と、疲れる色があります。「赤」など波長の長い色は目に刺激が強く、落ち着きません。
逆に「緑」や「黄」などの波長の短い色は目に優しく、心も落ち着きます。職場や家庭でもこのような目に優しい色を取り入れる工夫をしてみましょう。

観葉植物を置く、なんていうのはどうでしょうか?目にも良いですし、心も落ち着くはずです。それが無理なら、身の回りにある小物を優しい色に変えるだけでも効果があります。

お家のインテリアはどうでしょうか?
カーペット、ソファ、カーテンなど、大きなものを優しい色に変えれば、効果は絶大です。

お花の香りを嗅いで気分が落ち着いた、という経験をした方も多いと思います。香りには、気分を落ち着かせたり、集中力を高めたり、色々な効果があるのです。

そこで、1日の中で少し時間を割いて「アロマセラピー」を取り入れてみてはどうでしょうか?

アロマセラピーとは、花や木など、植物の香りによって、心身の健康や美容を促進するための芳香療法のことです。
様々な植物から特殊な方法を用いて精油(エッセンシャルオイル)と呼ばれる香りの元になるものを抽出します。

精油の種類によってその効能も様々で、リラックスしたり、気分転換したり、空気を浄化させたりと、様々な効果を得る事が出来ます。
目の疲れにはラベンダーが良いと言われていますが、精油は何百種類とあるので、専門家に聞くなどして、自分のお気に入りの匂いを探してみてはいかがでしょうか?

色と匂いで眼精疲労やわらげよう! 関連エントリー