眼精疲労 症状 治療 頭痛

眼精疲労 眼精疲労は目の疲れ、痛みが、睡眠や休憩をとっても治らずに、症状が続いてしまう病気の事です。何らかの対処をしない限り、治る事はありません。
放置していると症状が悪化したり、目の病気が潜んでいる場合に危険なのでなるべく早く専門医の診察を受けましょう。
普段から目の負担を軽くしたり、疲れをケアをする事も大切です。
スポンサードリンク

マッサージで眼精疲労を予防

目がちょっと疲れたな・・・ と感じた時には、目の周りをマッサージしてあげましょう。
簡単に行えて、とっても効果的です。眼球体操、ツボ療法も合わせて紹介しますので、合わせて行えばより効果的です。


<マッサージ方法>
@親指でこめかみを5秒押す。
A薬指で下まぶたの目頭から目尻の方向へ軽くなぞる。
B目頭を5秒押す。

たったこれだけで、目の周りの血行を促進し、疲れを解消する効果があります。
頭痛や目の充血にも効果的です。
そんなに力を入れすぎる必要はありません。
自分が気持ちよく感じるぐらいの力でやってみましょう。
力を入れすぎると、しわやたるみの原因となります。


眼球体操も効果的です。
これは、目の中の水晶体の厚さを変える働きをする毛様体筋を柔軟にする事で
眼球の周りの血行を促進し、疲労回復の効果があります。


<眼球体操のやり方>
@目をぎゅっと閉じる。
Aぱっと開く。
B顔は動かさず、視線だけ左に向ける。
C同様に、右、上、下、と目を動かす。

これを4〜5秒かけて行い、5分間くらい繰り返し行う。

眼精疲労に効くツボも紹介します。

★清明(せいめい) 左右の目頭から鼻の方へ少し寄ったところにあるくぼみ
★魚腰(ぎょよう)  眉の中心の下へ少しさがったところ
★太陽(たいよう)  こめかみから目尻へ向かったところにあるくぼみ
★四白(しはく)   小鼻の横にあって、瞳の中心のすぐ下


<ツボ療法のやり方>
@親指の腹で晴明と魚腰をゆっくりと小さな円を描くように押す。
A太陽と四白を、中指の腹でゆっくりと小さな円を描くように押す。
これを10回ずつ行う。 

マッサージで眼精疲労を予防 関連エントリー