眼精疲労 症状 治療 頭痛

眼精疲労 眼精疲労は目の疲れ、痛みが、睡眠や休憩をとっても治らずに、症状が続いてしまう病気の事です。何らかの対処をしない限り、治る事はありません。
放置していると症状が悪化したり、目の病気が潜んでいる場合に危険なのでなるべく早く専門医の診察を受けましょう。
普段から目の負担を軽くしたり、疲れをケアをする事も大切です。
スポンサードリンク

偏食と眼精疲労の関係

眼精疲労の原因には様々な要因が考えられますが、「偏食」も原因となる事は意外と知られていません。

「ビタミンB郡」や「ビタミンA」は目を健康に保つためにかかせない栄養素ですが、これらの栄養素がうまく摂取出来ないと、目に悪影響を及ぼす事があります。

特に「ビタミンB1」は視神経の働きに欠かせない栄養素です。
目の周りがピクピクと痙攣するような時は、目の周りの筋肉が疲れている証拠です。
ビタミンB1には筋肉の疲れを取る作用もあるので、ビタミンB1含む食べ物を意識して食べるようにすると良いでしょう。

ではどのような食物を食べるとビタミンB1を摂取できるのでしょうか?

豚ロースやうなぎ、大豆などに多く含まれていますが、特におすすめなのが「玄米」です。
玄米に含まれる胚芽とぬかにはビタミンB1が多く含まれているため、
精白米よりも効果的にビタミンB1を摂取する事が出来ます。
味についてはちょっと癖がある玄米ですが、白米に混ぜるなどして、工夫をすればおいしく食べる事が出来ます。

便秘が改善されたりと、目だけでなく他にも体にいいことが多い玄米ですので、ぜひ試してもらいたい食物です。

このビタミンB1、飲酒を習慣にしている人は不足がちになるので、特に気をつけましょう。
飲酒量が多いとアルコール分解酵素だけでは追いつかず、ビタミンB1も消費されて処理されるからです。
意識して玄米や豚肉などを食べるようにしましょう。

現代の忙しく、ストレスの多い生活では、なかなかバランスの良い食生活をおくることは難しいかもしれません。しかし、目の健康のためにも、そこは意識して改善するように努めましょう。

偏食と眼精疲労の関係 関連エントリー