眼精疲労 症状 治療 頭痛

眼精疲労 眼精疲労は目の疲れ、痛みが、睡眠や休憩をとっても治らずに、症状が続いてしまう病気の事です。何らかの対処をしない限り、治る事はありません。
放置していると症状が悪化したり、目の病気が潜んでいる場合に危険なのでなるべく早く専門医の診察を受けましょう。
普段から目の負担を軽くしたり、疲れをケアをする事も大切です。
スポンサードリンク

ブルーベリーは目に良いのは本当?

ブルーベリーといえばジャムとして食べる方が多いと思いますが、そのまま食べても甘酸っぱくておいしいですよね。
その名の通り、青いことからブルーベリーと名付けられた北米原産の低木性果樹の事ですが、実は目に良い事が科学的にも証明されています。

第二次世界大戦時、イギリス空軍のパイロットたちが、夜間の戦闘でも敵機が良く見えることに気が付きました。この報告を受け、学者が詳細を調べたところ、彼らはブルーベリージャムが大好物で、毎日大量にパンに付けて食べている事が判りました。
そして、ブルーベリーに含まれるアントシアニンという色素が目に良い効果をもたらす事が判明したのです。

アントシアニンには視力を高める効果のほかに、強い抗酸化作用があることも判っています。
抗酸化作用とは、体の酸化を防ぐという事で、老化防止や、ガン、動脈硬化予防、白内障にも効果があると言われています。

目の酸化は、目の中に紫外線が入ったときに起こります。目が酸化すると疲れを引き起こし、眼精疲労の原因となります。
網膜の表面にロドプシンという細胞があり、これは、光の刺激を受けるとすぐに分解され、再合成を繰り返します。

この再合成がうまくいかないと目がかすんだりして、疲労の原因となるのです。このロドプシンの働きを、アントシアニンが活性化させてくれることが判っています。

残念ながらこのアントシアニンは勝手に体の中に生成されるという事は無いので、外部から取り入れる必要があります。
毎日ブルーベリーが食べられない場合は、サプリメントで摂取するとよいでしょう。

ブルーベリーは目に良いのは本当? 関連エントリー