眼精疲労 症状 治療 頭痛

眼精疲労 眼精疲労は目の疲れ、痛みが、睡眠や休憩をとっても治らずに、症状が続いてしまう病気の事です。何らかの対処をしない限り、治る事はありません。
放置していると症状が悪化したり、目の病気が潜んでいる場合に危険なのでなるべく早く専門医の診察を受けましょう。
普段から目の負担を軽くしたり、疲れをケアをする事も大切です。
スポンサードリンク

多岐に渡る眼精疲労の原因

眼精疲労は目の病気以外にもさまざまな事が原因で起こります。

風邪やインフルエンザで眼精疲労を感じたことがある人もいるかと思いますが、その他にも虫歯や歯周病などの歯の病気や鼻、耳の病気、更年期障害や神経症など、さまざまな体の病気が眼精疲労を引き起こす事があります。

目の使いすぎや住環境も眼精疲労の原因になります。

テレビやパソコン、ゲーム機・・・ 現代の生活では目の休まる時間はほとんど無いのではないでしょうか。
外の空気はどんどん汚れ、家の中でも「シックハウス症候群」と呼ばれる建材に含まれる化学物質が体に悪影響を及ぼし、眼精疲労との因果関係が指摘されています。

そして現代社会ではストレスと無縁では生きていくことは出来ませんが、そのストレスも眼精疲労の原因となります。
イライラしたり、落ち込んだり・・・ そして夜は悩みで眠れない・・・ 
そんな生活を送っていると、体にも高血圧や血行不良、胃潰瘍を引き起こしたりと、
良いことは何一つありませんが、その悪循環が目にも眼精疲労となって現れます。


眼精疲労はこれらの原因が複合的に重なり合って起こります。
原因が一つの場合は、眼疲労にはなっても、眼精疲労にはならないのです。

そのため、原因を突き止め、一つ一つ治療して治していく根気がなければ、眼精疲労を解決することは出来ません。
一つだけ原因を解決したとしても、眼精疲労が治るわけではないのです。
そこが眼精疲労の治療の難しいところです。

多岐に渡る眼精疲労の原因 関連エントリー