眼精疲労 症状 治療 頭痛

眼精疲労 眼精疲労は目の疲れ、痛みが、睡眠や休憩をとっても治らずに、症状が続いてしまう病気の事です。何らかの対処をしない限り、治る事はありません。
放置していると症状が悪化したり、目の病気が潜んでいる場合に危険なのでなるべく早く専門医の診察を受けましょう。
普段から目の負担を軽くしたり、疲れをケアをする事も大切です。
スポンサードリンク

眼精疲労と目の病気

眼精疲労の原因として、目の病気が原因の場合があります。


@近視、乱視、老眼
これらの屈折異常が原因の場合、症状が進行すると眼球の内部では、無理に網膜にピントを合わせようとして、水晶体の厚さを調整する筋肉が酷使され、緊張状態が続きます。

そして、見ずらいからと目を凝らしたり、無理な姿勢を続けるため、目が疲れたり肩が凝ったりします。目に合わないメガネやコンタクトレンズが、眼精疲労を引き起こすこともあります。
眼科で処方された最適なものを使用する事で、眼精疲労を防ぐ事が出来ます。


Aドライアイ
涙の分泌量が少なくなると目の表面にある角膜や結膜が乾燥し、目に不快感を及ぼします。
「VDT症候群」という、パソコンの作業を長時間続けていると眼精疲労の症状を引き起こす病気がありますが、このような目を酷使する人がなりやすい症状です。


B斜視
片目が正面を向いていても、もう一方の目は違う方向を向いてしまっている状態の事をいいます。
また、通常視線が一致していても、片方の目を隠すと視線がずれることがあります。これを「斜位」と呼んでいます。いずれも視線を無理に合わせようと緊張を強いられるので、眼精疲労の原因となります。


C緑内障
眼圧が高くなることにより、視神経が圧迫され視野が狭くなる病気です。死んでしまった視神経は元に戻らないため、早めに治療を施さないと失明の可能性があります。
眼圧が高くなるため、頭痛などの症状が起きやすくなります。


D白内障
目の中の水晶体が濁ってしまう病気です。症状としては、水晶体が濁ってしまうため視力が低下します。

また、かすんで見えたり、明るいところで見づらくなったりするので、眼精疲労の原因となる事があります。症状が進行してしまっても手術で治す事が出来ますが、見え方が変わる可能性があり、それも眼精疲労の原因となる可能性があります。


E眼瞼下垂
眼瞼とはまぶたの事であり、上まぶたが下に垂れ下がってしまう病気の事です。
まぶたが垂れ下がってしまうため、視野が狭くなり、そのためそれを補おうと無理な姿勢でものを見るようになるので、眼精疲労の原因となります。

眼精疲労と目の病気 関連エントリー