眼精疲労 症状 治療 頭痛

眼精疲労の原因エントリー一覧

眼精疲労と目の病気
眼精疲労の原因として、目の病気が原因の場合があります。@近視、乱視、老眼これらの屈折異常が原因の場合、症状が進行すると眼球の内部では、無理に網膜にピントを合わせようとして、水晶体の厚さを調整する筋肉が酷使され、緊張状態が続きます。そして、見ずらいからと目を凝らしたり、無理な姿勢を続けるため、目が疲れたり肩が凝ったりします。目に合わないメガネやコンタクトレンズが、眼精疲労を引き起こすこともあります。眼科で処方された最適なものを使用する事で、眼精疲労を防ぐ事が出来ます。Aドライアイ涙の分泌量が少なく...
多岐に渡る眼精疲労の原因
眼精疲労は目の病気以外にもさまざまな事が原因で起こります。風邪やインフルエンザで眼精疲労を感じたことがある人もいるかと思いますが、その他にも虫歯や歯周病などの歯の病気や鼻、耳の病気、更年期障害や神経症など、さまざまな体の病気が眼精疲労を引き起こす事があります。目の使いすぎや住環境も眼精疲労の原因になります。テレビやパソコン、ゲーム機・・・ 現代の生活では目の休まる時間はほとんど無いのではないでしょうか。外の空気はどんどん汚れ、家の中でも「シックハウス症候群」と呼ばれる建材に含まれる化学物質が体に...
VDT症候群を予防するには?
職業柄、パソコンを長時間使わなければいけない環境の人は、眼精疲労になる可能性が非常に高くなります。残業したり、徹夜したり、なんてことが続くと、どんどん症状が悪化して、目の疲れだけでなく、頭が痛くなったり、吐き気を催したりと、体にも症状が現れてきます。これを「VDT症候群」といい、症状はまさに眼精疲労やドライアイそのものです。症状が本当に辛い、という人は、なんとか時間を作って眼科に行くようにしましょう。ドライアイが原因であれば人口涙液の点眼で、また、目の調節機能が低下している場合は、それを治療する...