眼精疲労 症状 治療 頭痛

眼精疲労 眼精疲労は目の疲れ、痛みが、睡眠や休憩をとっても治らずに、症状が続いてしまう病気の事です。何らかの対処をしない限り、治る事はありません。
放置していると症状が悪化したり、目の病気が潜んでいる場合に危険なのでなるべく早く専門医の診察を受けましょう。
普段から目の負担を軽くしたり、疲れをケアをする事も大切です。
スポンサードリンク

美肌の大敵!?眼精疲労

「眼精疲労」とは、目の疲れ、痛みがずっーと続く症状の事ですが、
それが頭痛や肩こりの原因にもなったりします。
さらに怖いことに、なんと、顔の肌がボロボロになっていってしまうのです!
ただでさえ辛い症状が続く眼精疲労ですが、さらに追い討ちをかけて自分の顔がどんどんひどい事になっていくなんて、あなたには耐えられますか?

眼精疲労は疲れがたまっている状態です。
多かれ少なかれ自覚症状として慢性的な疲労を感じているはずですが、それに慣れてしまうと自分が眼精疲労という自覚があまりない場合があるかもしれません。
しかし、顔には如実に疲労の色が現れます。
顔色が青白かったり、クマが出来ていたり・・・

これは、眼精疲労が原因です。
目の周りの筋肉と神経が疲労すると、後頭部の血液循環が悪くなります。
ひいては顔の血液循環も悪化、新陳代謝も悪くなり、老廃物の排出も悪くなる、という状態になります。
そして、そのまま眼精疲労を放って置くと、ビタミンA、C、E、B群などの肌にとってかかせない栄養素をどんどん消費されていってしまう・・・ という肌にはとても良くない負の連鎖が起こってしまうのです。

眼精疲労の原因を取り除く事が出来れば言う事はありません。
それが無理でも、ちょっとでも顔色を良くしたいと思ったら、目の周りをマッサージすると良いでしょう。
目の周りを触ってみて、痛いところがあればそこを念入りに揉んであげましょう。

疲れがたまった目の筋肉をほぐす効果がありますが、たったそれだけの事でも、だいぶすっきりするはずです。
マッサージの専門家に頼めば、さらに効果的でしょう。肌のトラブルだけでも何とかしたい、という方にはお勧めです。

美肌の大敵!?眼精疲労 関連エントリー