眼精疲労 症状 治療 頭痛

眼精疲労 眼精疲労は目の疲れ、痛みが、睡眠や休憩をとっても治らずに、症状が続いてしまう病気の事です。何らかの対処をしない限り、治る事はありません。
放置していると症状が悪化したり、目の病気が潜んでいる場合に危険なのでなるべく早く専門医の診察を受けましょう。
普段から目の負担を軽くしたり、疲れをケアをする事も大切です。
スポンサードリンク

眼精疲労の対策

眼精疲労の対策についてはいくつかポイントがありますが、一番気を付けなければいけないのは、目の病気ではないか、という事です。
自分では判らない事が多いので、病院で検査を受け、適切な処置を施してもらわなければなりません。

眼精疲労の原因がよく判らなくても、「ビタミンB製剤」を点眼することによって症状をやわらげる事が出来ます。
ビタミンB1は糖質の代謝を促し、細胞を活性化させる効果があります。

自分の目にあった眼鏡やコンタクトレンズを使う事も重要です。
近視用、遠視用、老眼用などレンズにも種類があるので、適切な種類の、そして度があったレンズのものを使うようにしないと、眼精疲労の原因になります。
そして、普段用、仕事用など、状況によって使い分ける事も、目の負担を軽くしてくれます。

職場や住環境を見直す事も大切です。パソコンを長時間使用する時は、適度に休憩を取り、モニター画面から目を離すようにしましょう。
軽い体操で全身の筋肉をほぐしてあげるのも効果的です。

モニターが目線より下にあるか、画面の明かるさが周囲の明るさと合っているか、無理な姿勢になっていないかチェックして、改善すべき点がある場合はそれを直すことによって、作業がぐっと楽になるはずです。
「ドライアイ」の原因となる部屋の乾燥も、改善できればそれに越したことはありません。

空調の風が目に当たることでドライアイになることもあるので、エアコンの風向きを調整したり、場所を移動したりして目の乾燥を防ぎましょう。
分煙化が進んでいますが、煙草の煙が作業スペースに充満している場合、体にも良くありませんが、目にも良いことは無いので、職場環境を改善してもらう必要があります。
そして目の休養の為にも十分な睡眠をとるよう心がけましょう。

ストレスを発散する事も眼精疲労を防ぐ対策の一つとなります。
どこかに出かけてリフレッシュしたり、適度に体を動かして、過度なストレスを溜め込まないようにしましょう。

どうしてもストレスが解消されない期間が長く続いたり、ストレスの原因が多岐にわたる場合など、医師の力を借りた方が良い場合もあります。遠慮なく適切な治療やケアを受けるようにしましょう。

眼精疲労の対策 関連エントリー