眼精疲労 症状 治療 頭痛

眼精疲労 眼精疲労は目の疲れ、痛みが、睡眠や休憩をとっても治らずに、症状が続いてしまう病気の事です。何らかの対処をしない限り、治る事はありません。
放置していると症状が悪化したり、目の病気が潜んでいる場合に危険なのでなるべく早く専門医の診察を受けましょう。
普段から目の負担を軽くしたり、疲れをケアをする事も大切です。
スポンサードリンク

眼精疲労とは?

現代社会において、パソコンは無くてはならないものになり、仕事柄一日中モニター画面とにらめっこ、という方も多いことでしょう。
しかし、「忙しいからしょうがない・・・」と言って目の疲れ、そのままにしていませんか?

通常、一晩寝たり、休憩を取れば治りますが、目の疲れ、痛みがしばらく続くような時は「眼精疲労」の可能性があります。休憩して治る場合は「眼疲労」と言い、生理的な目の疲れと定義され、「眼精疲労」とは区別されています。

この「眼精疲労」、放っておくと辛い症状がどんどん悪化していったり、体や目に病気を抱えている可能性があります。
なるべく早く専門医の診察を受けるようにしましょう。そうでないと、眼精疲労は何らかの対処を施さない限り治る事はありません。職場や住んでいる環境を変えれば治る事もありますが、あまり現実的ではありません。

眼精疲労は通常、目に異常が現れる事が多いですが、体に異常が現れる事も少なくありません。
これは、目が見づらくなると、良く見ようとして不自然な体勢を取る事が多くなり、その結果体にゆがみが生じて肩こりなどを引き起こすと考えられています。

また、眼精疲労が原因で一時的に視力が低下すると、目を凝らす事が多くなり、それが緊張状態を連続して生み出す事になるので、頭痛やめまい、吐き気の原因となり、ひいては倦怠感をも引き起こすと考えられています。ストレスも眼精疲労の原因となる事があります。

もちろん目だけではなく、体にも不調を引き起こす原因になるので、精神的なストレスを軽減することが重要になってきます。

特に治療が必要なケースをまとめると以下の様になります。
当てはまる場合はなるべく早く診察を受けるようにしましょう。

・慢性的に目が疲れる、かすんだり充血する、痛みで涙が出る、 などの目に現れる症状で日常生活に支障をきたしている。
・眼精疲労が原因で頭痛、吐き気、めまいなど、体に異常が現れている。
・過大な精神的ストレスの連続する環境によって、目や体に不調を感じている。

眼精疲労とは? 関連エントリー