眼精疲労 症状 治療 頭痛

眼精疲労 眼精疲労は目の疲れ、痛みが、睡眠や休憩をとっても治らずに、症状が続いてしまう病気の事です。何らかの対処をしない限り、治る事はありません。
放置していると症状が悪化したり、目の病気が潜んでいる場合に危険なのでなるべく早く専門医の診察を受けましょう。
普段から目の負担を軽くしたり、疲れをケアをする事も大切です。
スポンサードリンク

眼精疲労について
一晩寝たり、休憩しても目の疲れ、痛みが続く時は「眼精疲労」の可能性があります。休憩して治る「眼疲労」とは区別されています。
眼精疲労は、頭痛など体に症状が現れる事も少なくありません。放っておくと症状が悪化したり、目の病気の可能性があるので、なるべく早く専門医の診察を受けるようにしましょう。

眼精疲労と目の病気
眼精疲労は次のような目の病気が原因の場合があります。

@近視、乱視、老眼:無理に見ようとするため目が疲れる
Aドライアイ:涙の分泌量が少なり、目に不快感を及ぼす
B斜視:両方の目が違う方向を向いてしまう
C緑内障:眼圧が高くなり視神経が圧迫され視野が狭くなる
D白内障:目の中の水晶体が濁る
E眼瞼下垂:上まぶたが下に垂れ下がる

眼精疲労の対策
目の病気が原因の場合は、病院で検査を受け適切な処置を施してもらわなければなりません。自分の目にあった眼鏡やコンタクトレンズを使うようにしましょう。
職場や住環境を見直す事も大切です。パソコン周りの環境、乾燥に気を配りましょう。十分な睡眠と、ストレスを発散する事も眼精疲労を防ぐ対策の一つとなります。

VDT症候群
VDT症候群とは、パソコンなどの作業を長時間続けると起こる眼精疲労のことで、酷くなると体や精神にも異常をきたす怖い病気です。
目の疲れ、痛み、肩こり、めまい、吐き気、頭痛、倦怠感、不眠など深刻な症状を呈します。作業環境を見直したり、適度に休憩をとってVDT症候群の予防に努めましょう。

メニュー

相互リンク